MENU
工具買取専門店 買蔵

電動工具やエアーツールの高価買取・修理なら買蔵へ!マルノコ 各種 高価買取!

マルノコ 高価買取

当店では、マキタ、HIKOKI(旧、日立工機)、パナソニック、ボッシュ、京セラ(リョ-ビ)、MAX、ブラックアンドデッカー等、建築用の電動マルノコ、
卓上マルノコ、スライドマルノコ、充電式マルノコを取扱・買取販売致しております。

建築用以外にも、DIY(ホ-ムセンター用)アースマン、新興、ナカトミ、等のメーカー全般で販売致しております。

一口にマルノコといってもその数は沢山あり、マキタは厚切り込み、日立工機は深切りと言う名称で、
6型で(165m/m)7型で(190m/m)に粗、同様の切り込み66m/mを実現いたしました。
その他には、リフォームマルノコ(際切りマルノコ)、造作マルノコ、ベンチマルノコ、
充電マルノコ、集塵マルノコなど、多岐にわたり、数多くのお仕事に使用されております。
広い範囲ですとコンクリートカッターも御座います。

丸鋸と言うと「大工さんが使う道具」と言うイメージが強いですが、実は色々なところで使われる、とても需要の高い工具なんです。
ベンチ丸鋸は、木材加工がお仕事の木工所や家具・楽器などを制作する工場や工房
集塵マルノコは、主に建物の外壁(サイディング)を切断するサイディング屋さん
一般的な丸鋸になれば、建築業者なら1社に1台は、持っているほど使用されている工具なんです。

また、発売当初の充電マルノコなどは、価格も高く重量もあり、ニカド電池のため、45mmX45mmの材木も現行の充電マルノコの半数も切れませんでした。
パワーも現行品と比べると、やはり弱かったのでコンパネの重ね切りには不向きでした。
しかし現在では、バッテリーのリチウムイオン電池化や開発が進み性能が上がったので、需要の高まりを強く感じます。

その他にも、集塵マルノコと言えば、同時使用するアイテムが集塵機だったりするのですが、昔はマルノコの電源を集塵機から取り
「マルノコ動作時の電流の流れを感知し、自動で集塵機が動く」と言った連動制でしたが、今ではブルートゥース接続(ペアリング)する事によって
無線でも連動させる事が出来るんです。
メーカーさんの開発努力には驚くべきところがあり、素晴らしいと常々思っております。

さて、ここからが肝心な高価買取のお話になりますが、
当店ではマルノコ全般に人気があり、コンプレッサーよりも、使い手が多く需要も高いです。
人気メーカーの順位としては、(充電式マルノコも含め)
1位HIKOKI(日立工機)さん、2位マキタさん、3位京セラ(リョービ)さんの順です。
ホワイト(白)の製品は汚れが目立ちますが、綺麗な状態ですと、他の色よりも高価で買取させていただいております。
買取させて頂きましたマルノコは、メンテナンスして店頭に展示・販売させていただいております。

最後に、マルノコを御使用する際、注意していただきたい事がございます。
(電動工具で一番怪我が多いのはマルノコなのです!)
1.手袋はしない。(巻き込まれ防止のため)
2.上着の袖口はきちんと締めておく。(巻き込まれ防止のため)
3.切断していく方向(先方)に手は置かない。(怪我防止のため)
4.電気コードの取り回しに気を付ける。(切断面に意識を集中させるので、コードが張らぬように)
5.安定した台の上で切断し、切断後に材料が谷折りにならないイメージ。(刃の嚙みこみ、怪我防止のため)
6.切断の最後の部分は一気に切る。(マルノコの噛みこみ防止のため)
7.切断は、真っ直ぐ(切り込みが曲がると、マルノコが手前に走ってきて大けがの原因になります。)
以上です。当店では、一般の方がマルノコお買い上げの際には、
出来るだけ上記注意点をご説明するよう努めております。

当店では、お忙しい方や遠方のお客様からも買い取りできるよう、宅配買取もご用意が御座います。
梱包のお手間は取らせてしまいますが、ご来店頂かなくても当店へ送料着払いにて、お品物をお送り頂く事で、当店の高価買取価格にて買取が可能となっております。
その為、全国のお客様からの買取実績がございます。

また、各種マルノコの他にも、チェンソー、芝刈り機、水中ポンプなど
各種電動工具を取り扱っておりますので、工具の買取はツールランドにお任せください。

ご相談はお問い合わせフォームからもお気軽にご相談いただけます。 → お問い合わせ

買い取りについて、詳しくはこちら → 買取方法

買蔵 工具専門館 強み